台湾旅行(2日目-猫村編) 

1日目は、文章を書きすぎて、なんだかだらっとしてしまったので、今後は文章少なめで。
そのかわり台北ナビの関連ページを、文末に入れておきますね。(台北ナビの回し者じゃないよ)

2日目。この日の天気は曇り。
朝8時過ぎにホテルを出発。

この日の目的は「ぶらり平渓線の旅」。

「平渓線」とは…
のどかな田舎ムードを満喫できるローカル線。台北からも日帰りで行けて、ハイキングスポットとしても人気。滝や古い町並みなどの見所が散在している。(ガイドブック「ララチッタ 台北」より)

平渓線に乗るには、台鉄の台北駅からまずは急行に乗って平渓線の出発駅である瑞芳駅へ。
台北駅で瑞芳行きの急行切符と平渓線の1日乗車券を購入しました。

座ってはならぬ


「無座」。座席指定(?)の切符は売り切れていたので、座れませんでした。。

1時間ほど窓から見える景色を眺めつつ…。

いつだってシャッターチャンス


だんだん田舎の風景になっていくんだけど、日本の風景とほとんど変わらない感じで、なんだか懐かしい気持ちになる。

そして到着「瑞芳駅」。

月台案内


この案内板、かわいらしくてお気に入り。日本語の案内もあるのが、なんだかうれしい。

平渓線の出発までにまあまあ時間があったので、駅の外にも出てみたりしました。
駅にはキオスク的なものがあるし、外にもお店が並んでいるので、ホームでぼさっと待つより楽しいよ。
1日乗車券を持ってるから、駅を出たり入ったりしてしまいました。(笑)
駅の案内所には片言ながら日本語の出来る方がおられたので、少し雑談しました。
案内所で時刻表と日本語版の観光リーフレットをもらえるので、もらっておくと吉。

…で、平渓線1つめの目的駅は『侯硐駅』。
別名「猫村」。台湾の猫好きさんが集まる猫の村。

猫好き集結


和歌山の貴志川線を彷彿とさせる猫を全面に押し出した感あり!
猫好きにはたまりません〜。
次の電車が来るまで(1時間ぐらいだったかな?)自由に散策開始っ!

第一村猫発見


おくつろぎ


横から見ると…


幸せ


生活。


駅の周辺だけでも写真を撮りながらだと、すぐに時間が過ぎてしまう…。
ちなみに猫に興味がなくても、吊り橋なんかも渡れたりしますので、それなりに楽しめます。たぶん。

次は「十分駅」に向かいます〜。

—–
カメラ:Nikon D5100
レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
—–

<参考リンク>
台北ナビより
『平溪線 (新北市)』
『侯硐駅』


台湾旅行 記事一覧
台湾旅行(1日目)
●台湾旅行(2日目-猫村編) ←今ここ!
台湾旅行(2日目-十分編)
台湾旅行(2日目-九份編)
台湾旅行(2日目-夜遊び編)
台湾旅行(3日目-市内観光編1)
台湾旅行(3日目-市内観光編2)
台湾旅行(4日目)


コメントをどうぞ