台湾旅行(2日目-九份編) 

「瑞芳駅」からバスで九份に向かはずだったんですが、満員で乗れず……。
時間ももったいないので、タクシーで向かう事にしました。
ちなみにタクシー乗り場には、主要な観光地への料金目安が書かれている看板があり、ちょっと安心です。

タクシーで20分ほどで九份に到着。意外と近いのね。
だいぶ疲れてきたので、散策前にまずはカフェターイム!

各ガイドブックに必ず載っているであろう「九份茶坊」。
内装がすごく素敵。カフェの他に茶葉や茶器などの販売もしています。
ここのオーナーはデザイナーもしているそうで、茶器などのデザインもされています。
茶器がかわいくて…欲しくなっちゃった。

お店の人が日本語でお茶の淹れ方を教えてくれます。

レクチャー中


1杯いくら…というシステムじゃなくて、茶葉を買う(何グラムかは忘れた)システムなので、2杯目から自分たちで淹れて楽しめますよ。
残った茶葉は帰りにお持ち帰りできます。

やっぱりスイーツ


台湾に来て初めてのスイーツは、ウーロン茶のチーズケーキとなりました。おいしかったー。

休憩の後は、自由行動開始〜。

みんな行きたいところが違うので、お茶屋さんの前で全員散り散りに。(笑)
私もひとりぶらぶらしてみることにしました。

Sea View


あぁ…もう少し天気が良かったらなぁ。

民宿


店番


カラフル!


ノスタルジー



ガイドブックで見て、どうしても食べたてみたくなった「阿柑姨芋圓」の「芋圓」というスイーツ。

芋圓


芋圓とはタロイモで作る台湾では伝統的なお団子のことだそうです。

人気店ということで、私が行ったときも数名の行列ができていました。
屋台的な感じなので、行列が無かったら見逃してた。(笑)
ふと、注文前になって「温」と「冷」がある事に気づく…。
猫舌だから冷たいのにしたいところやけど、冷たいものはちょっと不安…なのであったかいのをチョイスしました。

中には3色ほどのお団子と数種類のお豆さん。
味は、さらっとした甘みの薄いぜんざいといったところ。
お団子はまさに白玉といった感じ。薄味なので、あっさりしていてたくさん食べられる!
…とはいえ、まあまあボリュームがあるので、他のメンバーにも食べてもらいました。

帰ってきてから知ったのですが、お店の奥に眺めのいい席があったらしい…。
知らなかったから、道ばたで食べちゃったよー。

そうこうしているうちに、日が暮れていい感じになってきました。

九份マジック



スタジオジブリの「千と千尋の神隠し」のモチーフになったことで有名な「阿妹茶酒館」。

物の怪出る?


出迎え


浮かぶ



バシバシ写真を撮りまくっているうちに結構遅くなってしまい、九份で晩ご飯を食べられなくなってしまいました…。
よし!台北へ戻ろう!タクシー使っちゃえ!(だんだんタクシーを使う事に抵抗が無くなってきた)

近くに夜市もある「中山」近くのお店までタクシーで直行しました。
2日目、盛りだくさん過ぎてまだ終わらない。(笑)

—–
カメラ:Nikon D5100
レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
—–

<参考リンク>
台北ナビより
「基隆・九份」
「阿柑姨芋圓」紹介ページ


台湾旅行 記事一覧
台湾旅行(1日目)
台湾旅行(2日目-猫村編)
台湾旅行(2日目-十分編)
●台湾旅行(2日目-九份編) ←今ここ!
台湾旅行(2日目-夜遊び編)
台湾旅行(3日目-市内観光編1)
台湾旅行(3日目-市内観光編2)
台湾旅行(4日目)


コメントをどうぞ