六甲山 with トイカメラ

夏に消費したフィルム2本、現像に出せたので、ちょこっと載せてみます。
今日は7月末に六甲山に行ったとき、デジイチと一緒に持っていったWide Lens Cameraの写真を…。

Feather


Blue Sky


Gradation



六甲枝垂れのアングル違い。
どっちがいいか決められなくて、どっちも載せちゃった。

Sky Art



この子は広角レンズなので、想像以上に広めに撮れちゃって…
端っこにいらんものが写りこんでたりするので、難しいです〜。

ちょっと扱いに慣れてきたかな。

デジイチで撮ったものはこちらです。

—–
カメラ:Wide Lens Camera(Vivitar ULTRA WIDE&SLIM)
フィルム:Kodak SUPER GOLD 400
—–


2 Responses to “六甲山 with トイカメラ”

  1. みきちゃ より:

    2012年9月22日 at 23:59

    おお、あのカメラの写真ですか。
    周辺減光がどうとかってよりすんごいコントラストが高くて、
    インパクトある写りしますねぇ、面白い。
    六甲枝垂れは下の写真の方が好きだな~、
    いい具合に広がりを感じますよ。

    広角レンズはファインダーを覗いた時におおって思うけど、、
    どうすりゃいいの?って言うどうしようも無さも同居してますし、
    あのカメラはファインダーで見た範囲よりガバっと広く撮れそうだから
    余計に大変でしょうねぇ。^^;
    だから細かい事を考えずに斬新なアングルを探すのが
    あのカメラの楽しみ方かな~って思いますよ。

  2. maru2 より:

    2012年9月23日 at 16:58

    >みきちゃさん
    あのチープなカメラで、これだけ撮れちゃうんですから、びっくりですよね。プラレンズだし。 (;゚∀゚)
    ビビットな写りになるというのが売り文句だったのですが、ほんとのところはどうなんだろう…?と前から思ってまして。
    今回は、確かにコントラストが高めでパキッとした感じで、期待通りになってます。青空もきれいにでました。
    フィルムの違い?スキャンしてくれた人の好み?
    (今、頼んでいる業者さんは、目で見ながらスキャンしてくれてるらしいので)

    FTで撮ったものも、一緒に現像に出したので、後ほどアップしますね。
    こっちもどちらかと言うとコントラスト高めのように思うので、やっぱり
    業者さんの好みなんかも?

    六甲枝垂れはやっぱり下がお好みですか。
    私も下の方が気に入ってるんですよ。
    このカメラならではの構図になってると思います。


コメントをどうぞ