Canon FTと仲良くなろう

新しいもの好きのおじいちゃんの形見、Canon FT。
マニュアル操作の古いフィルムカメラ。
見つけたときは、ほんとに動くの?って感じでした。
業者さんに頼んでオーバーホール、部品交換をしてもらい、きちんと動くように整備してもらいました。
正直、完動品探して買ったほうが安いんですけど、おばあちゃんがどうしてもこれを使って欲しいというので。

整備後、この子にフィルムを入れたのは3回。
1本目はとりあえず試し撮りで操作とかも良くわかってなかったので、カメラの性能引き出せず。
2本目は知り合いにもらった期限切れのリバーサルフィルムで、現像に出したら全部グレーだったので、やっぱり性能分からず。(笑)

で、今回は3本目。
11月ぐらいから2月ぐらいまでの間にちまちま撮っていって、やっと先月、現像できました。

1枚撮るのにすんごく時間がかかるけど、一つ一つの動作が楽しいんですよね。
今後も使っていけたらと思います。
でも、ファインダーが暗いのと、重量が重いので、できたらもう少し新しくて軽いフィルムカメラが欲しいとも思う今日この頃。

待ってる


静寂


軒先の彩り


紅梅


—–
カメラ:Canon FT
レンズ:Canon FL50mmF1.8
フィルム:Kodak Gold100
—–
ついつい開放ばっかりで撮ってしまうのだ。
仲良くなるには、もう少し時間がかかりそうです。


コメントをどうぞ