* You are viewing Posts Tagged ‘ピンホールカメラ’

撮影実習 in 伏見

フォトピアステップアップクラスの授業が始まって、1回目の実習で京都の伏見に行ってきました。
あいにく風邪をひいてしまい、足下がふらふらだったので、フィルムのピンホールカメラ『くま35』は連れて行けずでした。

前回の授業で作ったお手製ピンホールレンズ(レンズってのも変かな?)で撮るのが主な課題。

デジタルカメラなのに、ピンホールカメラ。
デジタルだから、色の設定とかも変えられる。デジタルだから、好きなだけ撮れる。
ゆるフォト撮り放題!

被写体の明るさに合わせて、シャッタースピードは1〜2秒ほど。
晴天下なら、1/2秒ぐらいでも十分大丈夫でした。
前日に急遽買いに行ったコンデジ用のミニ三脚が大活躍!(ちょっと奮発してSLIK!)

先生には「デジタル一眼レフではファインダーもライブビューも暗くて使えないよ」と聞いていたのですが、ライブビューで十分構図を確認できました。

まだまだ夏空



かの有名な寺田屋の前にも行ってきました。

激動の時代に想いを馳せる



途中で、月桂冠の資料館に入って見学。日本酒の呑み比べなんかもしちゃう。
何しに伏見に来たんだっけ?(笑)

涼やかな流れ


花のある風景



う〜ん…結構難しい。
植物はちょっとした風で揺れてしまい、全部ブレて写っちゃう。(それはそれで面白いけど)
シャッタースピードを変えるだけで、全然印象の違うのが撮れる。

撮っているうちに、だんだん普通のレンズで撮りたくなってくる…。うずうず…。
そういえば、ポートフォリオ作成後、意欲が低下してて、3週間ほどまともに撮ってなかった。
実習後、駅までの帰り道で少しだけ普通の標準ズームレンズで撮影。

静かな川面



実習後は、みんな「鳥せい」というお店に直行しましたが、私は風邪っぴきのため、仲の良い子たちとお茶だけして帰宅。
鳥せい…行きたかった……。

1度作ると、壊れるまで何度でも使えるピンホールレンズ。
軽くて、場所もとらないので、今後もカメラと一緒に持ち歩こう。

次のクラスへ

9月から写真教室で新しいクラスが始まりました。

1回目はピンホールカメラの仕組みと作成。
手持ちのデジイチ(フィルムカメラでもいいんだけどね)をピンホールカメラにしちゃう。

ドリルで真ん中に穴を空けたボディキャップに、針で小さく穴を空けたブラックホイルを裏側に貼付けて、完成。
あとは、ボディキャップをレンズの代わりにはめれば、ピンホールカメラに〜。

で、先生の話によるとフランジバックの関係で、ミラーレス(NEXが一番いいらしい)のほうが向いているとのこと。
えー!?はよ言ってくれてたら、E-PL1用で作ったのに!
ちなみに一眼レフだとファインダーを覗いても、ライブビューにしても真っ暗なので、ノーファインダーの撮影になっちゃいますが、ミラーレスだと増幅してライブビューするので、構図を見ながら撮れるとの事。
PL1用にもう一つ作りたいな…。

私のD5100だとマニュアルモードでないと、シャッターがおりないのですが、想像以上に面白いものが撮れそうです。

ふんわり教室風景


これでISO100、シャッタースピード6秒。6秒て。(笑)
晴天の野外なら、もう少しSSを早くできるかな。

次の授業では、実際に野外に出てこれを使います。
せっかくだから『くま35』も連れて行こう。

ピンホールカメラ「くま35(くまサンゴ)」

フィルムのピンホールカメラ「くま35(くまサンゴ)」を買いました。
フィルムは何かとお金がかかるので、トイカメラでは使うまい…と思っていたのですが、見た目にやられてしまいました。(笑)

こんな感じで売ってます


カメラのキタムラで1380円だったかな?
フィルムなどの付属品がつかないバージョンも販売されてるみたいです。
ピンホールカメラはフィルムがブローニ判や4×5判のものが多いそうなのですが、これは一般的にどこでも売られている35mmフィルムなのが手軽で良いです。

さて、問題はこれが自分で組み立てる方式のものということ。
取説には「お子様でも大丈夫!」と書かれています。不器用な私にできるのか?
>> 続きを読む